So-net無料ブログ作成

角南果帆選手応援blog〔vol.045〕 [日本リーグ2016-17]

最後まで追い詰める

日本ハンドボールリーグ プレーオフ 準決勝 第1試合
三重バイオレットアイリス 20(7-10,13-13)23 北國銀行
DSC_0473.jpg
前半を作戦どおりのロースコアで食らい付きながら、後半の立ち上がりで4連取を許したことが、最後まで響く結果となってしまいました。しかし、後半は同スコアで終盤に驚異的な粘りも見せました。

順位以上に成長を見せた彼女たちは、今シーズン最後の試合で、3年連続女王を最も追い詰める試合を見せてくれました。もちろん、誰もが翌日にもう1試合するつもりだったことは、想像に難くありません。


このブログ、角南果帆選手を応援すると題したにも関わらず、チームの戦評となることも多く、果帆選手がなかなか活躍に至らない…なんて記すことが多々ありました。
しかし、今シーズン最後となってしまった試合で気づいたことがあります。もちろん、少々かじったレベルの私一人でわかったことではなく、テレビ解説に教えていただいたことではあります。(前日本代表監督の栗山さんが解説でした)
果帆選手、改めて素晴らしい選手であり、先日のアジア選手権でも日本チームになくてはならない存在となりました。そんな果帆選手は、相手にとっては嫌な存在となりこのプレーオフでも北國銀行を苦しめる急先鋒となっていました。彼女が動くことで、自らがボールを動かす。相手ディフェンスを動かすことで、多田選手、万谷選手がカットインできる、原選手はロング、加藤選手はミドルシュートが打てる、そしてサイドが空いていくので、池原選手、河嶋選手がサイドシュートをきめる。
それが、バイオレットの攻撃バリエーションを選択肢の多いものとし、今年の躍進を造り上げたに違いないと気づかされました。
DSC_0470.jpg
だからこそ、来シーズン、もっともっとワクワクするハンドボールを、このチーム、このメンバーで、日本一になることを見たい[exclamation]
そう願わずにはいられない、良いゲームでした。

改めて、角南果帆選手、あなた、スゲーよ[exclamation]
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。