So-net無料ブログ作成
検索選択

角南果帆選手応援blog〔vol.030〕 [試合情報]

かつては、全日本総合選手権と銘打った大会は、いつの間にか全日本選手権とシンプルに名を変えています。しかしながら、日本最高峰の大会であることに変わりはありません。

日本リーグのチームは、シード参加するので、3回戦からの登場。バイオレットアイリスも、緒戦を大学生相手に危なげなく勝利しましたが…
23日の準々決勝。今シーズン負けなしの相手、ソニーセミコンダクタマニュファクチャリングサービスに苦戦を強いられ、辛うじての逆転勝ち。チーム初のベスト4進出とはいえ、課題は残った感じが否めません。

そして準決勝。相手はオムロン。今シーズン1勝しているだけに、決勝進出への期待が大きく膨らむのは、サポーター(シューター)心理というもので、前日の勝利を無駄にしないためにも気を引き締めて臨んだはずです。

DSC_0383.jpg
DSC_0385.jpg

第68回 日本ハンドボール選手権 準決勝
2016年12月24日 駒沢体育館

三重バイオレットアイリス 20(9-13,11-12)25 オムロン

結果は、惜敗。
序盤に少しリードを許すものの、相手のウイークポイントを突く的確な攻撃で、食らい付くも、ペナルティスローを与えることが多く、追い付くまでは行かず前半終了。
後半は、オムロンのディフェンスが機能し始め、思うように攻められません。ミスは少ないが、しシュートに持っていけません。多田選手と万谷選手、二人のシュート力に頼るばかりで、いかんせんチャンスらしいチャンスにならなかったように見えました。
果帆選手、池原選手らにもっとゴールが生まれないと展開は苦しくなる、それが如実に現れたゲームだったと思います。

誰が悪いとかではなく、チーム全体でこの停滞した感じを打開しなければならない時のような気がします。バイオレットアイリスこそ、全員で勝つチームだと思うので…

年明けのリーグ戦から、また、大いに期待したいと思います。
DSC_0387.jpg
ともあれ、3位表彰、おめでとうございました。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。