So-net無料ブログ作成

角南果帆選手応援blog〔vol.034〕 [日本リーグ2016-17]

得点できない時間の長さ

ハンドボールは、「サッカーのゲーム性、バスケットボールの得点性、バレーボールのパス(トス)ワーク」が融合した競技と言われます。バスケットボールの…というところでは、1ゴール1点なので、何が?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。そこは、大体1分に1点、30分ハーフですから、両チーム合わせて60点くらい入ると、見ていて楽しいゲームになります。

三重バイオレットアイリス 15(7-8,8-11)19 広島メイプルレッズ

前半は一進一退の展開で、2点差以上にはなりません。一時は逆転するものの、再度逆転され1点差で前半を終えます。果帆選手、アグレッシブなディフェンスが一発退場となるくらい気持ちが入っている様子です。


後半、いつも思いますが立ち上がりでアクションがありません。前半に一時は逆転した7点目から11分得点をできないまま、4点差をつけられます。ここからまた一進一退が続きましたが、15分過ぎからバイオレットがブレイクします。4連取で一気に同点に[exclamation]
この間約10分、相手に得点を許していません。

ところが、

なぜなのか、この4連取を勢い付けるわけではなく、ペースダウンします。
(そうみえた)
結果、残り6分で1点しか取れないばかりか、4点突き放されてしまいました。
これは、戦略なのかもしれないが、時間も少ないので大事に1点ずつ取りにいきたいのもわかる。
勢いに任せて畳み込んでしまったほうが良かったのではないかとも思いました。

果帆選手、得点こそありませんでしたが、ディフェンスは効いていました。

次も期待しましょう。

角南果帆選手応援blog〔vol.033〕 [日本リーグ2016-17]

得点表示(電光)がトラブルなので、得点をつけながら見る。


1月14日 日本ハンドボールリーグ 第13週
山鹿市体育館(熊本県)
三重バイオレットアイリス 16(9-10,7-9)19 オムロン

10分過ぎまで2-2のロースコア。互いにミスも少なく、良い体勢でのシュートができないので、つまりはディフェンスがよかったということです。時間が経つにつれ、チャンスが出始めスコアも伸びはじめたところで、バイオレットが一時は3点差をつけます。
カウンターでは、果帆選手、河嶋選手の大体大コンビが活躍しました。
20分過ぎから、2分退場が2回あり、ついには、逆転されてハーフタイムに入りました。


とても見ごたえのある良いゲームが期待できると思いました、後半の途中までは…


後半も早々に逆転に成功します。
15分過ぎからでしょうか、互いに小康状態になります。
そのあと、全く不可解ですが、果帆選手のポストシュートがゴールインしたにも関わらず、7mスローとなり、これを多田選手が外します。(映像ではわかりませんでした)7mスローになる反則であれば、カード(または2分退場)が出るものですが、お咎めなし。ここから流れはオムロンへ。3点差になります。
→(1/23訂正:映像を見直したところ、ゴールインしていませんでした。カードor退場が出ないことに納得いかないことに変わりはありません)

今日のバイオレットの良くなかったところは、ここから攻め手を欠いたことです。
苦し紛れのロング、ミドル。厳しい角度からのサイドシュート、入りません。無理に押し込むポストへのパス、強引なカットインからのチャージング、シュートすら打てずにターンオーバー。何かの作戦、決まりごとだったとしたら、間違いなく失敗です。もったいない試合でした。

オムロンは、エース東濱選手のロングとそこに釣られて崩されるポストプレーが主な得点源で、今日は果帆選手を中心に止めることができていました(要所で決めてくるところはさすがですが)。
それだけに、悔しがる前に勿体なさを痛感してほしいと思いました。

来週は試合なしのオープンウイークです。そして次はメイプル戦です。重要です。負けが込むと、次の試合の重要度がどんどん上がり、キツイ試合になってしまします。

本当に、ここが踏ん張りどころ、期待しましょう。

角南果帆選手応援blog〔vol.032〕 [日本リーグ2016-17]

光明、暗闇にいたわけではないが、何かしら光が射したような…



1月9日(月) 日本ハンドボールリーグ 第12週
AGF鈴鹿体育館

三重バイオレットアイリス 27(14-6,13-12)18 HC名古屋

立ち上がり10分が、前戦のようにみえて、また怒りにまかせた乱筆を考えてしまいましたが、
そんな心配は他所にしっかりと勝ち星を挙げてくれたと思います。

後半のスコアが物足りない気もしますが、ケガ明けの選手や出場機会の少ない選手に試感を持たせるという意味では納得できますし、主将、監督も話されていた総合力、チーム全体の底上げという点にマッチしていました。

角南果帆選手、今日は得点も決めましたし、効果的な動きでフローターのシュートチャンスを数多く演出していました。角南選手だけではないですが、みんな一昨日を反省してきたんだなと思いました[涙]

さて、残り7試合が俄然楽しみになってきました。
日本一の目標に向かって、応援を続けましょう[exclamation]

角南果帆選手応援blog〔vol.031〕 [日本リーグ2016-17]

サンデーモーニングなら、「喝」が幾つ付くかわからない!

2017年1月7日(土)
日本ハンドボールリーグ 第12週
飛騨高山ビッグアリーナ(岐阜県高山市)

三重バイオレットアイリス 20(12-10,8-13)23 飛騨高山ブラックブルズ岐阜

前半開始早々で、4点差。櫛田監督も5分台でたまらずタイムアウト。
これが奏してあっさり同点にするも、一進一退が続いていきました。
2点差でハーフタイムに入ったので、後半は安心して見るつもりでした。
(こんな自分の態度にも「喝」ですが…)

確かに前半から、パス、シュートもミスが目立っていました。
相手のハイプレッシャーディフェンスにも苦労していました。
前半のうちに解消されていたと思われたミスの数々は、同点に追いつかれたあたりから、顕著になり、残り10分で遂に5点差に開きます。

結局、ミスも点差も減らせずにタイムアップ。


何だろう。選手権3位のおごりとは思いたくないし、相手を見下ろしていたとも思えません。
このままでは、プレーオフ進出が怪しくなってきます。

オムロンが北國銀行に勝利し、バイオレットはオムロンに勝った。飛騨高山はバイオレットに勝てた。
希に見る混戦であること間違いない今シーズン。最後まで目が離せないことも間違いないでしょう。

話を戻して…
選手権準決勝以上に反省点が多いこのゲーム、しっかり見直して、ホーム最終戦に臨んでください[exclamation]


喝」!

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。