So-net無料ブログ作成

角南果帆選手応援blog〔vol.039〕 [日本リーグ2016-17]

飛び道具は、加藤選手?

4位争いが激化するなか、ソニーセミコンダクタの勢いがついてきて、先週は広島に引き分けました。これで、バイオレットとの勝点差が1となりました。
そして、昨日2/25(土)、勢いづいたソニーセミコンダクタは、オムロンを撃破し、バイオレットとの順位を逆転しました(バイオレットは試合なし)。

これで、バイオレットもプレーオフ進出のためには、オムロンを倒さなければならなくなりました。
これで、「ブラックブルズ戦での敗戦が…」という話を出さなければならないことが、頭を過りました。

と・こ・ろ・が[exclamation]…今日2/26(日)の試合前、


ソニーセミコンダクタは、なんとHC名古屋に敗戦を喫します。

これで多少プレッシャーから解放されたバイオレットは、のびのびとゲームを進めます。

日本ハンドボールリーグ 2月26日 ハンナリーズアリーナ(京都府)
三重バイオレットアイリス 22(12-11,10-13)24 オムロン

しかし、そうは甘くなかった。一時は6点のリードを築くもジワジワと追い詰められ、二人の退場を出した25分過ぎに逆転を許してしまいました。

バイオレットもソニーセミコンダクタもあと1試合のみ。
バイオレットは名古屋と、ソニーセミコンダクタは北國銀行との対戦です。
バイオレットは、プレーオフ進出を自力で決めることができません。ソニーセミコンダクタが北國銀行に勝たないことが前提となります。
緩んではいけません。まず、自分たちのできることをやり遂げること、絶対に勝つことです[exclamation]

今日の試合、良かったと思います。
加藤選手、ミドルシュート、使える[exclamation]


果帆選手、焦れないで、得点後は落ち着いて守備しましょう[exclamation]

角南果帆選手応援blog〔vol.038〕 [日本代表]

本日、日本ハンドボール協会から、アジア選手権のメンバーが発表されました。
我らが角南選手も選出されています。

リーグ戦終了後からプレーオフの間というタフなスケジュールですが、頑張って欲しいです。

詳しくは協会のホームページをご覧ください。
http://www.handball.or.jp/system/prog/content.php?sd=g&c=1&sc=&article_idno=30

角南果帆選手応援blog〔Vol. 037〕 [日本リーグ2016-17]

連続得点と相性と

最下位相手だからと侮るべからず、一度負けているのは誰もが承知の事実です。

日本ハンドボールリーグ 第18週 TGアリーナ(愛知県稲沢市)
三重バイオレットアイリス 19(9-9,10-8)17 飛騨高山ブラックブルズ岐阜

(失礼ながら)案の定、苦戦というか、見ているほうは焦れる試合運びだったと思います。
果帆選手の先制から5点目までは順調でしたが、ここで停滞が始まって、同点で前半を終えます。

このブログでも再三申し上げている、「緩む」ことはみられませんでしたが、慢心から来るとは言いたくありませんが、余裕のみられる攻撃をしていたように思えました。それがゴールになっていれば何も言うことはありませんが、5分い以上の無得点時間を生む原因となっていたはずです。

果帆選手、3得点でしたが、ペナルティをもらえなかったあとの退場はほめられませんね(厳)。


さて、あと2試合。
まず、オムロン戦。今シーズン、勝っています。

ちょっと冷静になりましょう。
バイオレットは、オムロン、名古屋の2試合。
プレーオフのライバルで、1つ順位が下のソニーセミコンダクタは、3試合残していて、その相手は オムロン、名古屋、北國銀行。
ソニーセミコンダクタのほうが試合数が多いだけ、挽回できる可能性があります。
だからこそ、オムロンから勝ち点をもぎ取ることがものすごく重要です。あのときの…は終わった話。
未来を切り開くしかない。

果帆選手は、どう思う?

原キャプテンの号泣が、みんなの決意を全て代弁していたと思っています。

がんばれ[パンチ][わーい(嬉しい顔)]バイオレットアイリス[exclamation]

Super Violet Soul !!!

角南果帆選手応援blog 〔Vol.036〕 [日本リーグ2016-17]

飛び道具が欲しい。

マルシオ リシャルデス
https://www.youtube.com/watch?v=LAgbyjznYp8
知るひとぞ知る、飛び道具のスペシャリスト。ま、他に置き換えれば(失礼しますが)、中村俊輔、遠藤保仁、中村憲剛。ハンドボールで、直接フリーキックに類するゴールはほぼあり得ませんが…

日本ハンドボールリーグ 2017年2月12日
三重バイオレットアイリス 14(8-7,6-11)18 北國銀行

原選手が出ない。何故だろう。そんな不安をよそに、10分過ぎにリードを奪う。追い付かれるものの、1点差を付けて前半を終える。GK花村選手のセービングは見事。果帆選手のディフェンス、ポストシュートが決まる[exclamation]速攻も決めた[exclamation]センターバックが速攻に出るってなかなかのレアケースです!
後半もリードを保ったまま進むが、北國銀行は長めのシュートが決まりだし、逆転され4点差まで持っていかれてしまう。


惜しかったー、ホントに[exclamation]


バイオレットは、スピードのチーム。ディフェンスを掻き回してカットインが最大の武器。でも、ここぞのときに使える決定力=飛び道具は欲しいと思います。これが原選手なのか、ほっしゃんの覚醒なのか。そうすると、ポストが空く、果帆選手のチャンスが増える[exclamation]

というのが、ファン心理というものです。
というのもありますが、確実にバイオレットアイリスの攻撃バリエーションが増え、得点力上がると思います。

4点差の北國銀行戦、今シーズンのリーグ戦で一番追い詰めた試合になりました。
今週でソニーセミコンダクタに勝ち点で並ばれました。
しかし、勝ち続ければ追い越されることはありません。残り3戦、自信を持って張りきっていきましょう

角南果帆選手応援blog〔vol.035〕 [日本リーグ2016-17]

後半も[exclamation]

三重バイオレットアイリス 23(12-6,11-14)20 ソニーセミコンダクタマニュファクチャリングサービス

ここ最近は、厳しめの試合が続いていましたが、今回は余裕のみられる試合運びだったと思います。
後半、スコアで負けてしまっているのが気になります。今日の試合から見られる課題はここではないでしょうか。

角南果帆選手、得点もしっかり決めて(かなりトリッキーな1点もあり)ディフェンスでも力を発揮していました。

プレーオフ進出へのライバル、ソニーセミコンダクタきっちり叩きました。
広島メイプルレッズがオムロンに勝ちました。ますます混戦ですが、うっかり落とさない、あわよくば北國銀行に勝つくらいの残り4試合、目が離せません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。