So-net無料ブログ作成
日本リーグ 2015-16 ブログトップ
前の10件 | -

角南果帆選手応援blog〔Vol.012〕 [日本リーグ 2015-16]

第40回 日本ハンドボールリーグ第14週〔第2日〕 2016年3月6日 三重交通Gスポーツの杜鈴鹿体育館


三重バイオレットアイリス 17(10-9、7-7)16  HC名古屋
   (4勝1分7敗)                (0勝0分11敗)


薄氷を踏むような展開でしたが、代表選手二人が欠けるとやはり、攻撃も守備もシャキッとしない印象でした。


今シーズンは、リオ・デ・ジャネイロオリンピック予選があり、男子・女子ともに2回戦総当りに短縮し、短期過密日程を強いられ、女子に至っては2節を残して、最終予選に向けて代表選手をさらわれるという、かつてない事態でした。(まずはオリンピック出場が、日本ハンドボールの悲願であるので、各チーム理解があります)
バイオレット・アイリスも、原選手、池原選手を欠いたチーム最終戦となりました。
とはいえ、ここまで苦戦するとは・・・正直思いませんでした。

しかしながら、勝ちは勝ちで、・・・煮え切らないかもしれませんが、・・・勝てて終わったことを良しとして、明日からまた来シーズンへ向けて、頑張ってもらいたいと思います。

そして我らが角南果帆選手、
チーム加入時はまだ手術からフルに復帰できず、諸事情も重なりなかなか公式戦への出場がままならない日が続きました。いよいよリーグ戦となっても、負けることを受け入れなければならない、彼女にとっては耐え難い試合が続いていたと思います。
しかしながら、バイオレット・アイリスは殊勲の勝利をあげたり、トップチームに肉薄したりと、確実に戦力をあげたことに間違いはありません。少なからず、そこには果帆選手の貢献があったことも間違いないと思います。
来年はきっと、私たちを駒沢に連れて行ってくれると信じ、角南果帆選手を応援し続けましょう!


〔次戦 リオ・デ・ジャネイロ オリンピック世界最終予選〕
 日本(アジア予選2位) VS チュニジア(アフリカ予選2位)
 3月18日(金) 16:45(現地時間)S/O メッスアリーナ(フランス)
*果帆選手の出場予定はありませんが、日本ハンドボールの悲願のために応援しましょう!




最後に、短い間でしたが、とりとめもないblogにお付き合いいただきありがとうございました。

閉鎖するわけではありません。ハンドボールネタは少しずつ加えていこうと思っていますので、時々覗きにいらしてください。




角南果帆選手応援blog〔Vol.011〕 [日本リーグ 2015-16]

第40回 日本ハンドボールリーグ第13週〔第1日〕 2016年2月27日 鈴鹿市立体育館


三重バイオレットアイリス 14 ( 9- 6, 5- 8) 14 飛騨高山ブラックブルズ岐阜
   (3勝1分7敗)                 (4勝2分4敗)

両チームともにプレーオフ進出の可能性を残してはいるが、自力進出の可能性があるチームと、他力も必要なチームとの差が現れたのかもしれない。
前半3点差リードで折り返し、後半も一時は5点差をつけるも、結局追いつかれるという、悔しい展開。
両チームとも40本のシュートで14点はちょっと面白みに欠けてしまった感が否めません。

角南選手も1点止まり・・・ディフェンスにおいては積極的に前に出たり、パスカットが成功したりと活躍していましたが、攻撃面でのフローターとポストの連動性にはまだまだ課題が残っているように見えます。
今シーズンはオリンピック予選があり、原選手と池原選手が代表に呼ばれ、二人が不在のまま練習を続ける時期が長く、新人の角南選手からしてみればもっと連携を深める時間が欲しかったはずです。
ポストプレーは、自分を囮に味方が攻撃しやすくするするほうが仕事量が多く、必ずしも点を稼ぐポジションではありません。そのなかでも、角南選手が目標とする横嶋かおる選手(北國銀行)は1試合で10点近い得点を挙げることもあります。ポストプレイヤーが、自分を活かしてもらうようになるためには、フローターの得意なことを把握し、自分(ポスト)の得意なことを把握してもらって、それが流れの中で出せる幾つかの約束事を作ること、それが連携を深め、「活かす・活かしてもらう」ということだと思います。
そしてこれは角南選手が真価を発揮するための、来シーズンへの課題だと思います。

バイオレットアイリスは、今シーズンのプレーオフ進出の可能性が絶たれてしましました。
その目標は来シーズンへお預けとなってしまいましたが、残り1ゲームあります。
気持ちよく勝って、気持ちよく終わって、来シーズンへの糧としてほしいものです。


〔次戦 第14週〕
 三重バイオレットアイリス(6位) VS HC名古屋(7位)
 3月6日(日) 14:00 S/O 三重交通G スポーツの杜鈴鹿体育館

角南果帆選手応援blog〔Vol.010〕 [日本リーグ 2015-16]

さて、昨日の試合を振り返って・・・

ソニーセミコンダクタ 12(7-5、5-9)14 三重バイオレットアイリス
  (4勝1分4敗)                  (3勝0分7敗)

正直、かなりのロースコアですが、それだけ接戦だったということだと思います。
後半早い段階での6連取が効いて、逆転勝利となったわけですが、これはディフェンスの集中が素晴らしかったとも言えます。


さて、僅かながら・・・という、プレーオフへの進出条件をレギュレーションを睨みながら、シミュレーションしてみました。
まず、日本ハンドボールリーグ(JHL)の場合、Jリーグなどのサッカーとはリーグ戦順位の決定方法が異なります。

勝ち点方式ではありますが、勝ち=2点、引き分け=1点(負けは0点)が与えられます。
まずは、勝ち点の多い方が上位。
勝ち点が同点の場合は、勝ち点で並んだチーム同士間での勝ち点差異で決定。
それでも同じ場合は、そのチーム間での得失点差で決めることになるようです。
http://www.jhl.handball.jp/jhl40/details/kettei.html?1

第12週終了時点での順位(2月21日現在)
http://www.jhl.handball.jp/jhl40/results/standing.html?2
順位 チーム名/勝ち点(勝利数-引分数-負数)/残り試合数(対戦相手)
3位 飛騨高山ブラックブルズ岐阜/9(4-1-4)/3(三重-オムロン-広島)
4位 ソニーセミコンダクタ      /9(4-1-4)/3(オムロン-広島-北國)
5位 広島メイプルレッズ      /8(4-0-5)/3(北國-ソニー-高山)
6位 三重バイオレットアイリス   /6(3-0-7)/2(高山-名古屋-試合なし)

絶対条件は、
1.バイオレットが残り2試合連勝すること。
2.3位-5位チームは、北國とオムロンに勝たない(勝てない)。
で、
パターンA
3.広島が、ソニーと高山に連勝する。
そうすると順位が
3位 広島(勝ち点12)
4位 三重(10)
5位 高山(9)
6位 ソニー(9)


パターンB
4.広島がソニー戦、高山戦ともに引き分ける。
3位 高山(勝ち点10)
   ソニー(10)
   広島(10)
   三重(10)
勝ち点の上では、4チームが並び、その次の条件の4チーム間での勝ち点も6で並ぶので、その次は4チーム間での得失点差ということになります。

この場合に有利になるために、高山戦ではできるだけ得点差をつけて勝つ必要があります。

ちなみに、高山かソニーどちらかが広島に勝利した時点で、バイオレットにプレーオフ進出の芽は絶たれます(広島と勝ち点で並ぶ可能性があるが、広島に2敗しているため)。
(*JHLのページは読みましたが、解釈が間違えていたらご指摘ください。)

いずれにしろ、他力、それも広島頼みとなるわけで、自力で取りにいけないところが悔しいですが、バイオレットアイリスはとにかく目の前の試合を勝ちきることです。

みんなで応援しましょう!

〔次戦 第13週〕
 三重バイオレットアイリス(6位) VS 飛騨高山ブラックブルズ岐阜(3位)
 2月27日(土) 13:00 S/O 鈴鹿市立体育館(鈴鹿市)










角南果帆選手応援blog〔Vol.009〕 [日本リーグ 2015-16]

第40回 日本ハンドボールリーグ第12週〔第2日〕 2016年2月21日 姶良市総合運動公園体育館



ソニーセミコンダクタ 12(7-5、5-9)14 三重バイオレットアイリス
  (4勝1分4敗)                  (3勝0分7敗)

過去の戦績、現在の順位からして、格上の相手に勝ちました!
前半2点のビハインドを跳ね返して、2点差の勝利。素晴らしいです!

プレーオフ進出の権利はもちろん残しました。
目の上の3チームがそれぞれの対戦を残しているので、本当に僅かな可能性なのですが・・・
なんだか、行けそうな気がするぅー!


〔次戦 第13週〕
 三重バイオレットアイリス(6位) VS 飛騨高山ブラックブルズ岐阜(3位)
 2月27日(土) 13:00 S/O 鈴鹿市立体育館(鈴鹿市)


角南果帆選手応援blog〔Vol.008〕 [日本リーグ 2015-16]

〔第11週第2日〕2016年2月13日(土) 鈴鹿市立体育館

三重バイオレットアイリス15(8- 12, 7 - 9 )21 北國銀行

映像見ていませんが、現地応援の方とJHLの戦況をみると、善戦したようです。
ロースコアですが、前回より差は縮まっていますし、特に後半は2点差ですから!

2回目の姉妹対決はまたも、お姉さんに軍配が上がりました。ハンドボールはポジションがあれど、入れ替わりが激しいので、マッチアップする場面も多かった思います。
しかし・・・
http://www.jhl.handball.jp/jhl40/pdf/401W29.pdf
果帆選手、2戦連続ゴール0・・・シュートは撃っていますが、なかなか難しい状況だったのか?
同じポジションで、果帆選手も尊敬する北國銀行の横嶋かおる選手は4の4ですから、厳しい体勢でも確実に決められる選手に成長を遂げて欲しいものです。


〔次戦:第12週 第2日〕
  ソニーセミコンダクタ(5位) vs 三重バイオレットアイリス(6位)
 2月21日(土) 14:00 S/0 会場:姶良市総合運動公園体育館(鹿児島県)


オリンピック予選などもあり、短いリーグ戦となっているため、残り3試合。
全勝することで、プレーオフ進出が僅かながら可能性を残します。
力を出し切れば、残りは全て勝てる相手です。
ソニー戦のあとは2試合ともホームですから、みんなで応援に行きましょう!

・・・って言ってる自分が行けていない・・・

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

角南果帆選手応援blog〔Vol.007〕 [日本リーグ 2015-16]

〔第11週第1日〕呉市総合体育館オークアリーナ(広島県)

広島メイプルレッズ20(11- 7, 9 - 6 )13 三重バイオレットアイリス

うーん、ファン心理から言わせていただくと、見方に野次りたくなるような内容。
ミスが多い、それもシュートミス・・・フリー、フリー気味のシュートをことごとく枠外・・・
ペナルティのシューターは変えたほうが良くないか?
4人相手に1点も獲れないのは、深刻すぎないか?

「良いゲームはしている、でも、得点にもっていけない、最後の精度のところをもっとトレーニングしないと・・・」とは、前のアルビレックス新潟 柳下正明氏が特に2015年によく使ったフレーズ。
競技は違えど、観る側・応援する側としては本当にもどかしい・・・

現場で応援していたら、スタンドから何か言い出さないかと思ってしまいます。


ところで、飛騨はなんでソニーに勝てるの?


〔次戦:第2日〕
  三重バイオレットアイリス(6位) vs 北國銀行(1位)
 2月13日(土) 16:00 S/0 会場:鈴鹿市立体育館(鈴鹿市)


結果はどうあれ、今日の失敗を活かして「良さ」が出せるかどうか、ある意味大事なホームゲーム。お近くの方、お休みの方応援へ足を運んでくださいm(_ _)m

角南果帆選手応援blog〔Vol.006〕 [日本リーグ 2015-16]

第40回 日本ハンドボールリーグ第10週〔第1日〕 2016年2月6日 HOS名張アリーナ

 ソニーセミコンダクタ 22 (10- 5, 12- 8) 13 三重バイオレットアイリス


第10週〔第2日〕 2016年2月7日 飛騨高山ビッグアリーナ

 三重バイオレットアイリス 22 (10− 8, 12−10) 18 飛騨高山ブラックブルズ岐阜

選手権で善戦したソニーに食い下がるも、徐々に離されて完敗。10分間ゴールがなかったり、やはり自滅ミスが目立ったようだ。

飛騨には粘られるも、前半終了間際の連取と後半開始直後の3連取で突き放した。


しかし、名古屋と飛騨にしか勝てない現状がもどかしい・・・


〔次戦 第11週 第1日〕
広島メイプルレッズ − 三重バイオレットアイリス
2月11日(木・祝) 13:00 S/O 呉市総合体育館オークアリーナ(広島県)

〔第2日〕
  三重バイオレットアイリス(6位) vs 北國銀行(1位)
 2月13日(土) 16:00 S/0 会場:鈴鹿市立体育館(鈴鹿市)


ある意味大事なホームゲーム。お近くの方、お休みの方応援へ足を運んでくださいm(_ _)m



角南果帆選手応援blog〔Vol.005〕 [日本リーグ 2015-16]

第40回 日本ハンドボールリーグ第9週〔第1日〕 2016年1月30日 ブラザー工業体育館

HC名古屋 20 - 28 三重バイオレットアイリス
     (12-12, 8-16)


前半途中からネット観戦。
一進一退攻防が続いて、前半をタイスコア・・・
昨年までの順位を考えると、かなり物足りない・・・もどかしい。

後半立ち上がりもリードを許すなど、全くペースが掴めない。
ミスが多いというよりは、攻撃パターンが単調でシュートまでもっていけない。
相手の高い位置からの攻撃もなかなか決定力がある分、差をつけられない様子。

最終的に8点差となるわけだが、最後は相手の息切れに助けられた感は否めない。


ともあれ、今季初勝利!
緩めずに、勝利を重ねてほしいです!!!

〔次戦 第10週〕
  三重バイオレットアイリス(6位) vs ソニーセミコンダクタ(4位)
 2月6日(土) 14:00 S/0 会場:HOS名張アリーナ(名張市)

今季初戦で2点差で敗れはしたが、勝てるゲームだったので、ホームでは必ず勝利してほしいです。

角南果帆選手応援blog 〔Vol.004〕 [日本リーグ 2015-16]

第40回 日本ハンドボールリーグ第8週〔第2日〕 2016年1月24日 広島市東区スポーツセンター


オムロン 20 − 16 三重バイオレットアイリス
     (12- 9, 8- 7)

2回戦総当りですが、完全なホーム&アウェイではなく、ハンドボールの盛んな普及地で、男女問わず複数試合が組まれることがあります。今節は広島で女子3試合です。

全部見れていませんが、
押し込まれる展開から、点差を詰めることはできましたが、逆転はならず。

前半の残り7分はとてもよい、攻守ができていました。
後半立ち上がりも押し込まれますが、徐々に粘りを見せます。後半は攻撃が読まれて、決め手を欠いているようにも見えました。15分過ぎからは相手のミスで何度かカウンターのチャンスがありましたが、半分くらいはパスミス、シュートミスで自ら逃してしまった。ここが勝負の分かれ目だったと思います。

「よいゲームはしているが、最後のシュートが決まらない」、「もったいないミスが多い」・・・
なんだか、去年のオレンジ色のチームを見ているようでもどかしいです。

でも、決して悪くはない!自分たちを信じて、前を向こう!
角南選手のコメントは届き次第、掲載します。


〔次戦 第9週〕
 HC名古屋(前季7位) vs 三重バイオレットアイリス(前季5位)
 1月30日(日) 13:00 S/0 会場:ブラザー体育館(名古屋市)

角南果帆選手応援blog〔Vol.003〕 [日本リーグ 2015-16]

第40回 日本ハンドボールリーグ第6週〔第2日〕 2016年1月11日 鈴鹿市立総合体育館



北國銀行   30 − 17   三重バイオレットアイリス
      (15- 8, 15- 9)


戦況はこちら
http://www.jhl.handball.jp/jhl40/results/senkyo07.html?1#401W07

筆者コメントは改めて・・・
角南選手のコメントは届き次第、掲載します。


〔次戦 第8週〕
 オムロン(前季2位) vs 三重バイオレットアイリス(前季5位)
 1月24日(日) 12:00 S/0 会場:広島市東区スポーツセンター(広島県)
前の10件 | - 日本リーグ 2015-16 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。